Contsideration Endpoint

くだらないエゴを口実に白黒迷っていたいだけ

ミオダラッシュ使用構築

はじめましての方ははじめましてそう出ない方はお久しぶりですおいもぽけです

ミオダラッシュにて使用した構築はもう使わないですし、使うにしても変更点がいくつかあると思うのでこの型のこの構築としては今日限りで公開したいと思います

ミオダラッシュの詳細はこちらで(無断転載ですので何かありましたら消します)

prismapsr.hateblo.jp

並びはこちら

f:id:amakyun1234:20180610225643p:plain

以下常態

構築の変遷

本構築の並びだけは既に完成していて

 

 


blog.livedoor.jp

過去の自分と同じ並びになって居たがそこに至るまでの経緯を書いていこうと思う

まず道連れ杯の構築を考えて居た時まで遡る

ペアは南雲さんであり

自分はf:id:amakyun1234:20180429194539p:plainを南雲さんはf:id:amakyun1234:20180523161319p:plainを選択した

自分がf:id:amakyun1234:20180429194539p:plainを選択した理由はf:id:amakyun1234:20180523161319p:plainと一緒に組み込みやすく使い慣れているf:id:amakyun1234:20180429194446p:plainf:id:amakyun1234:20180523160428j:plainf:id:amakyun1234:20180523160401p:plainと組ませやすいから

f:id:amakyun1234:20180429194539p:plainf:id:amakyun1234:20180429194446p:plainf:id:amakyun1234:20180523161319p:plainの@3を考えていたがf:id:amakyun1234:20180429204031p:plainf:id:amakyun1234:20180429204954p:plainが重かったのでf:id:amakyun1234:20180429194457p:plain@虫Zf:id:amakyun1234:20180517015925p:plain@眼鏡を採用し@1はスカーフ枠やミミッキュを採用して回したが結局まとまらずにいた

そこで眼鏡レヒレのトリックで起点を作りつつ炎打点+f:id:amakyun1234:20180429211250p:plainf:id:amakyun1234:20180429211222p:plainへの回答を用意することとあとスカーフ枠も欲しかったので大きく変えることを決意

まず炎打点だが増えるであろうリザミラーを意識してf:id:amakyun1234:20180523160401p:plainを採用しf:id:amakyun1234:20180429211250p:plainに対して強く出せるf:id:amakyun1234:20180429211222p:plain対策としてf:id:amakyun1234:20180429194507p:plain@格闘ZとPFでマッパから守れてスカーフ枠になるf:id:amakyun1234:20180429195313p:plainを採用した

f:id:amakyun1234:20180429194539p:plainフィラの実f:id:amakyun1234:20180523160401p:plainメガ石Xf:id:amakyun1234:20180523161319p:plain@メガ石

f:id:amakyun1234:20180429194507p:plain@格闘Zf:id:amakyun1234:20180517015925p:plain@眼鏡f:id:amakyun1234:20180429195313p:plain@スカーフ

道連れ杯は初戦敗退 rebo杯はシードでおにーやんさんに勝利するも3回戦敗退

そして今大会では浮き彫りとなった弱い点と使って見たいポケモンを入れることを意識した

ベースはよかったがやはりf:id:amakyun1234:20180517015925p:plainの強さに疑問を感じるようになりf:id:amakyun1234:20180429200339p:plainの圧力も無視出来ないと感じf:id:amakyun1234:20180610234904p:plainを採用した。そしてf:id:amakyun1234:20180429194507p:plainの枠にf:id:amakyun1234:20180611000357p:plainを入れたりしてコロコロ変えていたが最終的にはf:id:amakyun1234:20180429211222p:plainで落ち着いた。

スカーフ枠はf:id:amakyun1234:20180429195313p:plainf:id:amakyun1234:20180429200351p:plainで最後まで悩んだが結局答えが出なかったのでf:id:amakyun1234:20180429194539p:plainf:id:amakyun1234:20180429195702p:plainに対する圧力をかけられるようにということと申し訳程度にf:id:amakyun1234:20180529152219p:plain抑制出来ると良いなあ(なお出てくる模様)くらいの気持ちでf:id:amakyun1234:20180429200351p:plainを採用した

個別紹介

カバルドン@ゴツメ

砂起こし

f:id:amakyun1234:20180405152427g:plain

腕白:HB252S4(ミオダラッシュのみ)

ステロ 吹き飛ばし 怠ける 地震

腕白:H228 B140 D140(rebo杯 道連れ杯)

欠伸 ステロ 吹き飛ばし 地震

選出回数(ミオダラッシュ)

0/3

今大会では欠伸羽休めが使えないので私にとっては懐かしのステロ吹き飛ばしカバを採用した

Sはミラー意識だが上から欠伸する訳でもないので意味もないしAやDに振ったところでry

今大会で選出してないのでよくわからん

 

リザードン@メガ石X

猛火→硬い爪

f:id:amakyun1234:20180405171243g:plain

陽気:AS252D4(ミオダラッシュ)

竜舞 フレドラ ドラクロ 地震

 陽気:H108 A148 S252(rebo杯 道連れ杯)

竜舞 羽休め ドラクロ フレドラ 

選出回数

1/3

こちらもカバルドン同様羽休めが使えないのでニトチャ剣舞か竜舞3Wかの選択となったがニト剣は使いこなせる気がしなかったのと竜舞が慣れていることもあり竜舞と最高打点のフレドラ、竜技で拘りたくなかったのでドラクロと@1はドラン意識の地震と水妖意識の雷パンチがあったが後者は後述するポケモンに草タイプと電気タイプがおりどちらもほぼ上から叩けるし地震圏内に押し込む立ち回りをしても良いので地震を採用したがぶっちゃけ好みで良いやって思った

選出回数こそ少ないもののメガのタイミングで押しミスしたらそれがきっかけで初戦突破出来たので今回のMVPである

 

メタグロス@メガ石

クリアボディ→硬い爪

f:id:amakyun1234:20180325052745g:plain

???:????

アイへ レンチ ??? ???

今後も使うので詳細は伏せさせて頂きます

選出回数

2/3

マンダやテテフを意識して採用したがアイへガイジしても怯ませないので困ってしまう

いつもは芸人枠だが今回はそこまで酷くはなかったのでまだ許せる

 

キノガッサ@??

テクニシャン

f:id:amakyun1234:20180313174549g:plain

???:????

種ガン マッパ ???? ????

グロス同様今後も使うので伏せさせて頂きます

選出回数

3/3

申し訳程度のガッサ対策に採用したがギャラやドラン対策になるのがgoodだが今大会では全試合初手に投げ3試合中2試合も芸人してまともに通して勝てた試合が1試合もなかった

楽に勝てる試合を凍って立ち回り勝負になったり切り替えせると思ったら怯んでほぼ、負け確になったりとやる気がなさ過ぎた

 

ボルトロス@電気Z

蓄電

f:id:amakyun1234:20180611004721g:plain

臆病:H164 B12 C76 D4 S252

悪巧み 10万ボルト ヘドウェ めざ氷

選出回数

1/3

格闘Zの個体を流用したが程よく硬いしコケコに投げやすいし技範囲広いと中々使いやすかった

トレースポリ2が重たい技構成だが今大会では死滅してるしレートやレート準拠ルールでもそこまで処理ルートに困らないので問題はないと思う

 

ゲッコウガ@スカーフ

変幻自在

f:id:amakyun1234:20180313164639g:plain

無邪気A142 C116 S252
ダスト 岩封 冷ビ 草結び

調整の意図はこちらから

amakyun1234.hatenadiary.jp

選出回数

2/3

この枠は間違いなく失敗だった

というのもこのポケモンで見たい相手は大体他で見れるのでそこまで気にする必要はなくテテフに変更したり特殊1本の臆病ゲコを採用すべきだったと思う

結果

準決勝敗退 (不戦勝1回)

総括

以下敬体に戻ります

ポケモンや道具や技に制限がある中で強者の方が多数参加する中思い入れのある並びで不戦勝があったとはいえベスト4まで勝ち上がれたのは大きな自信となりとても嬉しく思いますが立ち回りがガバっていたり不運が重なるなど(ガッサお前のことだ)手放しで喜べるかと言われたら難しいと思います

今後もしっかりと構築を考えて落ち着いたプレイングができるように頑張りたいと思います

SpecialThanks

試運転に付き合ってくれたサスケさん

大会を開いてくれたprismaさん

そして対戦して下さった皆さん

楽しかったですありがとうございました

そして遅ればせながらお疲れ様でした