ねむいめをこすりながら

それでもまた僕はまた眼を開く